「IT」PENNYWIS(「イット」ペニーワイズ) / フィギュア

27年に一度、世界をピエロ恐怖症に陥れる映画「IT」

モダン・ホラーの第一人者、スティーヴン・キングの代表作のひとつ「IT」。平和な街に災いをもたらす悪霊ペニーワイズと、27年周期に起こる連続児童失踪事件。メイン州デリーを舞台を舞台に、7人の男女たちとの対決を描いたジュブナイルホラーが1990年に映画化された。そしてその年、全米ではピエロ恐怖症と言わしめる社会現象が巻き起こった。

それから27年。「IT」は2017年に「IT / イット “それ”が見えたら、終わり。」としてリメイクされた。北米での興行収入は、ホラー映画として長らく一位の座を譲ることのなかったM・ナイト・シャマラン監督の「シックス・センス」の記録を破り、名実ともにホラー映画の頂点に立つ大ヒットとなった。

赤髪、赤鼻の道化師の姿をした悪魔。ビル・スカルスガルドが演じるペニーワイズは、夢を抱く思春期の子供たちを肉体的・精神的に追い詰め、恐怖に陥れ、捕食する。対象が恐怖を抱くほど、美味になるという。

『子供が消える町に、”それ”は現れる。』

ヴィジュアル、キャラクターともに強烈な印象を与えたペニーワイズは、映画史に残る名クリーチャーとして、悪意と不快の煮凝りのような外観、不気味さを放ち続けている。

NECA ペニーワイズ7インチウェル・ハウス

音楽・映画などをモチーフに、マニアックかつコレクション魂を揺さぶる作品を手がけるNECAが、一作目に登場したペニーワイズを立体化。

ウェルハウス(井戸の家)バージョンと題された本作品には4つの頭部が付属しており、ペニーワイズがプロジェクターに映し出された姿、プロジェクターから飛び出した姿、大きく口をあけてエディに喰らいつく姿、鉄柵を突き刺されたときの姿を忠実に再現できる豪華仕様に仕上がっている。

MAFEX PENNYWISE

MEDICOM TOYのアクションフィギュアシリーズである「MAFEX」にて立体化。不気味に笑う顔、口を大きく開けて喰らいつく顔、鋭い視線で睨みつける顔、の3種類の差換頭部パーツが付属している。一部軟質衣装パーツ使用により、劇中の独特なポージングも可能だ。赤い風船、折り船といった小道具パーツも付属している。

フィギュアに関する記事

CONTENTS

INFORMATION