カートに商品がありません。

現在の中身:0点

out
 
 
000000012191

トップ > ALL > TOY > エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019

エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019

エヴァンゲリオン初号機 刀野薙Ver. - EV019
EV019

¥9,680 (税込) 税抜:8,800

メーカー:

原産地:

数量:

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
COLOR x SIZE

OTHER
OTHERS





アイテム説明

■サイズ

全高約185mm
■可動箇所

全22箇所
■ジョイント使用数

総18個

■オプションパーツ
・刀野薙
・飾り台
・オプションハンド3種(左右計6個)
・刀野薙用エフェクトパーツ
・アーム付きスタンド1セット(別袋入り)

 

2012年の初展示から2019年に至るまで全国で巡回開催されている「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」。
本展のために山下いくと氏がデザイン、刀匠・宮入小左衛門行平氏らによって製作された「刀野薙-NATAYANAGI-」は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界を刀剣で表現した数々の出展作の中でも代表となる逸品です。

この刀と共に描かれた初号機を、EVANGELION EVOLUTIONで初めて立体化! 武者鎧や寄木細工を思わせる和の意匠を凝らした腰アーマーをはじめ、全身のディテールすべてが刷新された姿を山口勝久が独自の可動を盛り込みながら緻密に造形。
彩色も、これまでのエヴァにないイメージを求める山下いくと氏の監修を受け、色調を落としたメタリックで統一しました。

もちろん「刀野薙」も手持ち武器として立体化し、優美な曲線を描く拵え、本体と共にデザインされた飾り台までも再現しています。
長い柄と先端に大きな反りを持つ刀身が特徴の薙刀は、戦国の時代に実戦的な武装として多く用いられたといわれます。
山口式可動により躍動的なポージングを可能とする初号機と大振りな刀野薙の組み合わせは、アクションフィギュアとしての相性も最高のパッケージ。
振り上げ、突き、斬るといったダイナミックなバトルシーンを、自由にお楽しみください!

・一枚のイラストを元に山口勝久が作り上げた初号機は、エヴァの最新モードといえるもの。
細身にみえながらガッチリとした逞しさをもつのがエヴァ特有のプロポーションですが、今回は特に下半身の力強さが際立つバランスとなっていて、刀野薙を構えたポーズでの迫力を演出します。

・構え方のバリエーションが多い長柄の武装は、アクションフィギュアでも一段と映える題材。
それを活かす山口式可動によるダイナミックなポージングはもちろん、ボールジョイントと軸可動の組み合わせによる遊びやすさも山口勝久の最新進化を反映したものとなっています。

・薙刀「刀野薙」は、刀身を打ち上げた宮入小左衛門行平氏をはじめ、研ぎ、木工、漆塗り、金具細工、柄巻など各部を専門とする多くの職人の手によって完成したもの。立体化にあたっても、付属物ではなくエヴァ本体と並ぶもう一つの主題として、緻密な細工まで丹念に作り込んでいます。

・元イラストでは墨絵調に彩色されていたボディーカラー。
監修にあたった山下いくと氏からかつてないイメージでの仕上げを求められ、トーンを落としたメタリックカラーとなりました。
なかでも山下いくとが最後までこだわった腰アーマーの彩色は、焼き入れを施した鍛鉄のようなグラデーションにより、多面体を重ねたフォルムを際立たせています。

©カラー

 

$nbsp; $nbsp;