鉄血のオルフェンズ / TEE / HOODIE / FIGURE

自らの意思で戦いに身を投じる、民兵組織「鉄華団」の少年たち

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」は2015年から2017年にかけてTV放送されたシリーズ。チャイルドソルジャー、PMC(民間傭兵組織)など、現実世界においても根深く、且つセンシティブな問題を題材としている。

国家間の戦争や戦いに巻き込まれる主人公といった様相を描くのではなく、生活の中に闘いがある子供たちが、その状況下を脱却するために自らの意志によって能動的に戦いに身を投じるといった、過去の作品にはないストーリー設定がなされた。

出典:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

クーデターを決意し、「鉄華団」を立ち上げたオルガと三日月

主人公の少年、三日月・オーガスとオルガ・イツカの所属する民間警備会社CGSは、火星都市クリュセの独立を目指す少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受ける。しかし、任務中に武力組織ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSは、三日月ら子供たちを囮にして撤退してしまう。

少年達のリーダー、オルガ・イツカはこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗を翻してクーデターを決意。オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月は、「厄祭戦」時代のモビルスーツ、ガンダム・バルバトスを用いて戦いに挑む。「決して散らない鉄の華」の意を含んで鉄華団と名付けられた民兵組織の少年たちが、自らの意思で戦いへと身を投じていく―

BAIT Gundam BARBATOS SS TEE

鉄血のオルフェンズに登場する民兵組織「鉄華団」のモビルスーツ「GUNDAM BARBATOS」を左胸、そしてバックにプリントしたS/S Tee。

BAIT Gundam BARBATOS LS TEE

鉄血のオルフェンズに登場する民兵組織「鉄華団」のモビルスーツ「GUNDAM BARBATOS」を左胸、そしてバックにプリントしたL/S Tee。

BAIT Gundam BARBATOS HOODIE

鉄血のオルフェンズに登場する民兵組織「鉄華団」のモビルスーツ「GUNDAM BARBATOS」を左胸、そしてバックにプリントしたPULLOVER HOOD。

BANDAI ASW-G-08ガンダムバルバトス

「GUNDAM UNIVERSE」の第2弾、ガンダム・バルバトス。動きを強調するダイナミックな造形、頑強な構造が生み出す遊び応え、どの角度からでもシャープに見えるハードディテールシルエット。全高約160mm。本体に、メイスや刀など付属。

©SOTSU・SUNRISE・MBS

ガンダムに関する記事

CONTENTS

INFORMATION