NIKE AIR MAX 95 “ERA”

ハイテクスニーカー戦国時代の立役者

1995年、空前絶後のハイテクスニーカー戦国時代を日本で導いた立役者、AIR MAX 95。当時あまりの人気ぶりから「エアマックス狩り」という言葉が誕生し、社会現象となったことは周知の事実だろう。ブランドやショップとコラボした独自モデルも多くリリースされており、日本ストリート発の名機と言える。

人体と風光明媚な大地からインスピレーションを得たデザイン

セルジオ・ロザーノ(Sergio Lozano)氏がデザインしたAIR MAX 95は、人体からインスピレーションを得て創作された。シューレースの構造はあばら骨、アウトソールは背骨、アッパーは筋繊維をイメージしてデザインされている。

また、NIKE本社の所在地であるオレゴン州ビーバートンという地もインスピレーションの源になっている。風光明媚な大地の自然を思い出しながら、雨が土へと浸透していく様を想像し、地層を描いた。これがAIR MAX 95を代表するアッパーサイドのレイヤードを形作ることとなったのである。また、前足部にビジブルAIRを初めて搭載することに成功したAIR MAXは、テクノロジーの観点からも革新的な一足とも言える。

NIKE AIR MAX 95 “ERA”

今作はオリジナルカラーウェイを彷彿とさせるAIR MAX 95らしい、モノトーンカラーをベースとしつつ淡いピンクを差し色に用いたグラデーションカラーを採用した。主張しすぎずも柔らかな色調で美しさを際立たせ、象徴的ともいえるAIR MAX 95のディテールを際立たせた。

NIKEに関する記事

CONTENTS

INFORMATION