NIKE W AQUA RIFT

「足袋」から着想を得た画期的なデザインのシューズ

1996年に発売されて、爆発的人気を博したNIKE AIR RIFT。その画期的なデザインは、日本古来の「足袋」から閃きを得ている。モデル名の「AIR RIFT」は、アフリカ大陸を南北に縦断するグレートリフトバレーという大地溝帯に由来している。

発売当初は、ファッショナブルで感度の高い人々から支持を得ていたが、その独特なデザインと、履き心地の良さは徐々に知れ渡り、幅広い人々に愛されるようになった。甲のベルトで着脱が容易になだけでなく、弾力性と伸縮性に富むエラスティック素材で、高いフィッティング機能を有している

ハイテクスニーカーに飛躍したAQUA RIFT

今作のAQUA RIFTは、AIR RIFTを飛躍させた新世代のモデルだ。最大の特徴となっているは、熱圧着で接合されたアッパー部だ。アッパー部を留めるストラップにはスウォッシュが配置され、ミッドソール中足部にはNIKEの文字が刻印されている。

1995年生まれのスプリットトゥの名作に大胆性を持たせ、さらにモダンにすることで次世代ハイテクスニーカーへとステップアップさせることに成功している。

関連記事