JOKER(ジョーカー)

数々の異名を持ち、主役を脅かすほどの存在感を放つジョーカー

「スペードのエース(Ace of Spades)」「犯罪界の道化王子(Clown Prince of Crime)」「憎悪するハーレクイン(the Harlequin of Hate)」「虐殺する宮廷道化師(the Jester of Genocide)」など、数々の異名を持つジョーカー(JOKER)は、架空の都市ゴッサムシティを舞台に活躍する黒衣のヒーロー「バットマン(BATMAN)」の名悪役としてあまりに有名だ。

バットマンは1939年5月のディテクティブコミック#27で初めて登場し、当初から高い評価を得ていた。ジョーカーは翌年の1940年に登場した。緑色の髪に、つり上がった口元。甲高い笑い声。知性と歪んだユーモア、サディスティックなサイコパスとしてのキャラクターは、バットマンのアンチテーゼであり、悪役の帝王としてこれまで君臨してきた。

名だたる名優に演じられ、強烈な印象を残してきた

ジョーカーは、実写映画での登場も多い。ティム・バートン(Tim Burton)監督「バットマン(BATMAN)」のジャック・ニコルソン(Jack Nicholson)、クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督「ダーク・ナイト(The Dark Knight)」のヒース・レジャー(Heath Ledger)、デヴィッド・エアー(David Ayer)監督「スーサイド・スクワット(Suicide Squad)」のジャレッド・レト(Jared Leto)、そして世界的大ヒットの記憶も新しいトッド・フィリップス(Todd Phillips)監督「ジョーカー(JOKER)」のホアキン・フェニックス(Joaquin Phoenix)など、名だたる名優に演じられそのたびに強烈なキャラクターが観客の記憶に強く刻まれ続けてきた。

JOKER S/S Tee

今作はBAIT×JOKER COLLECTIONで、大胆なプリントを施したS/S Teeをリリース。世界観の溢れるデザインを体現する今作はBATMANファン、そしてすべてのDCコミックファンに贈る珠玉の仕上がりとなった。

JOKER CITY IS MINE TEE

高らかに笑うJOKER、そして「THE CITY IS MINE」の不穏なセリフをバックにプリント。

JOKER CITY IS MINE TEE

高らかに笑うJOKER、そして「THE CITY IS MINE」の不穏なセリフをバックにプリント。

JOKER CITY IS MINE TEE

高らかに笑うJOKER、そして「THE CITY IS MINE」の不穏なセリフをバックにプリント。

JOKER CITY IS MINE TEE

高らかに笑うJOKER、そして「THE CITY IS MINE」の不穏なセリフをバックにプリント。

関連記事