機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/ TEE / HOODIE / FIGURE

元祖「機動戦士ガンダム」の本流に続く超人気シリーズ

「亡国のイージス」などで知られる人気作家、福井晴敏氏が執筆した小説をアニメ化した「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」。元祖ガンダムの本流である「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に続く物語として描かれており、馴染みのキャラクターやモビルスーツが再登場するなど、往年のファンにとってもたまらない作品だ。

機動戦士ガンダムUCは、第1巻から7巻まで、Blu-ray / DVDがオリコン週間ランキングで首位を獲得し、記録的な売上を達成したほか、劇場上演においても初週末の興行収入が1.5億円を超えるなど、これまでにない好調な滑り出しを記録した。

「ラプラスの箱」とは何か。箱の秘密とは何か。

ガンダムUCは、「逆襲のシャア」から3年後の宇宙世紀0096が主な舞台で、ファーストガンダムにおいて一年戦争の発端ともなった「ラプラス事件」がテーマの中核となっている。

主人公であるバナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗る謎の少女と出会う。ビスト財団とネオ・ジオン残党軍「袖付き」による「ラプラスの箱」の取引を止めようと勇敢に行動する彼女を見て、協力することを決める。

しかし、同じく地球連邦軍も取引を妨害しようと「袖付き」との戦闘に参加し、コロニーは戦場と化してしまう。戦火をくぐり抜けながらオードリーを探すバーナージは、ラプラスの箱の鍵となるモビルスーツ、「ユニコーンガンダム」との運命的な出会いを果たす。今、宇宙世紀 百年の呪いが解かれようとしていた。

UNICORN GUNDAM SS TEE / LS TEE / HOODIE

今作は地球連邦軍の「UC計画」に基づいて開発された「UNICORN GUNDAM」の2号機である試作型モビルスーツ、「BANSHEE」を左胸、そしてバックにプリントしたS/S Tee、L/S Tee、PULLOVER HOODのアイテムラインナップ。

昨年の2019年San Diego COMIC CONにおけるBAIT×GUNDAMコレクションはANIMECULTURE×STREETを体現する珠玉の仕上がりとなった。

UNICORN GUNDAM SS TEE / LS TEE / HOODIE

地球連邦軍の再編計画の一環である参謀本部直轄「UC計画」の最終段階として開発された実験機である「UNICORN GUNDAM」を左胸、そしてバックにプリントしたS/S Tee、L/S Tee、PULLOVER HOODのアイテムラインナップ。

昨年の2019年San Diego COMIC CONにおけるBAIT×GUNDAMコレクションはANIMECULTURE×STREETを体現する珠玉の仕上がりとなった。

BANDAI ユニコーンガンダム

GUNPLA EVOLUTION PROJECT第2弾として、リアリティを追求したフォルムと変身ギミックが再現された「RG ユニコーンガンダム」。

「EVOLUTION POINT」は「TRANSFORMATION(変身)」で、1/144スケールという制約の中で限界を超えた変身を実現。3つのギミックを搭載した新機構「アドヴァンスドMSフレームワーク」が、組み立て後の高い安定性と各部の可動を両立。

BANDAI RX-0ユニコーンガンダム

動きを強調するダイナミックな造形、頑強な構造が生み出す遊び応え、どの角度からでもシャープに見えるハードディテールシルエット。スタイリッシュな造形とダイナミックな可動を誇る新ガンダムフィギュアシリーズ「GUNDAM UNIVERSE(ガンダムユニバース)」。

©SOTSU・SUNRISE

ガンダムに関する記事

CONTENTS

INFORMATION