BAIT
×
Gundam
Delivery 2.
Collection

人気モビルスーツをデザインに落とし込んだGUNDAMコラボレーションアパレルが登場。
カルチャーショップ<BAIT(ベイト)>より、宇宙世紀を舞台とした名作「ガンダムシリーズ」とのコラボレーションアイテムが登場します。今回は、米国で最初に放送されたガンダムシリーズ「新機動戦記ガンダムW」よりガンダムデスサイズ、“鉄オル“の愛称で親しまれる人気シリーズ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」よりガンダム・バルバトス、また小説として連載された作品「機動戦士ガンダムUC」よりユニコーンガンダムのライバル機バンシィがラインナップされ、これからのシーズンに最適なS/S TEE、日本限定で発売となるL/S TEEに加え、定番アイテムであるフーディの展開となる。

DEATHSCYTHE

1995年放送の「新機動戦記ガンダムW」にて、反地球圏統一連合勢力による地球攻撃作戦「オペレーション・メテオ」にて登場した人気機体ガンダムデスサイズ。

ステルス技術により、近接攻撃を仕掛ける思想のもと設計されたモビルスーツ。漆黒のカラーとビームサイズの戦闘法が死神を想起させ、「見たものは生きて帰ってこられない」というジンクスを生み出す人気機体を落とし込んだ一着となる。

BARBATOS

「いのちの糧は、戦場にある。」というキャッチコピーで、“鉄オル”の愛称で親しまれる「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、主人公の三日月・オーガスが搭乗するガンダム・バルバトスがデザインされた1着。

主人公オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティは、火星の独立運動を指揮する少女クーデリアの護衛の際に襲撃にあい、動力炉として使用されていたモビルスーツ ガンダム・バルバトスに搭乗し敵を撃退する、主人公きっての機体。

BANSHEE

「機動戦士ガンダムUC」本編の主役機ユニコーンガンダムと敵対する黒いユニコーンガンダム、バンシィ。“嘆きの妖精”の名称を意味するバンシィは、神獣ユニコーンと対をなす猛獣ライオンをデザインモチーフに、ユニコーンガンダムの純白の装甲とは対照的に、漆黒の装甲を持ち禍々しい雰囲気を漂わせる。


Gundam Delivery 2.
Collection

Information
BAIT
×
Gundam
Delivery 2.
Collection

2020年6月20日(土)9時より発売開始

©SOTSU・SUNRISE
©SOTSU・SUNRISE・MBS

SOCIAL MEDIA

関連記事